忍者ブログ

PANxDAさんどぼっくす

PANxDAの絵やストーリー等、各種パーツ(アイディア)の保管庫。 ですので、ストーリーは順不同・ネタバレ有り・修正ありです。 綺麗に整理されてる情報はガイドページを参照くださいませ。

スダチを見守る2人

ずっと頭に浮かんでいたものの、発表する機会が無さそうなお話。
サンドボックスと言う形なら違和感なく残しておけると思ってまず1つ書いてみました。

それは第一章の後のスダチに起こったお話。
(どれくらい後かは未定 サイアーと衝突・解決以降かな)
このエピソードの前に違うスダチのエピソードを入れた方が良いかな
それもまたの機会に。。。


内容は・・・

部隊のリーダー、シオンを通して「スダチ君に会いたい」と言う連絡が来る。
誰かも分からぬまま待ち合わせの場所に行くと、そこに現れたのは2人の男女。
底抜けに明るい陽気な2人は双子で、それぞれ「ラディッシュ」「エシャロット」と言う愛称で呼んでほしいと言う。

戸惑うスダチだが、彼らはなんとあのジェイの兄・姉に当たる存在だと言う。
更に戸惑うスダチだったが、彼らは同行した者から神殿での報告を聞き、しばらくは悲しみに暮れていたが
段々とスダチに興味が湧いてきて、その気持ちを抑えきれなくなって会いに来たと言う。

ラディッシュ・エシャロットの愛称も、段々と想像の中でスダチが気に入ってしまって
今回会うに当たって同じように野菜・果物の名前を愛称にしてしまったそうだ。


スダチやシオンと、ナレジの街周辺の色んなところを案内しながら、時にジェイの話をしたりして彼らは帰っていった。
彼らも当然、弟を失って悲しいし、スダチの事を応援しているけれど、あまり囚われて欲しくないとスダチに伝えた。

スダチ自身もサイアーや2人の想いをそっと胸に受け取って、自分の道を探して行こうと決めたのだった。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする